K-Points

FINAL FANTASY XⅣ ✽ from Anima

カテゴリ:Game(On-line) > MHW:ポン次郎

kp000766
腰痛と闘うこと早15年。
ASIMO流歩行術を会得したおかげで今ではすこぶる腰の具合が良い。
つい調子に乗って歩きすぎたわしは、いつのまにか新大陸へと向かう一行の船にいた。
遠く故郷を離れてしまったが、なぁにそこでの生活に飽きたら戻ればいいんじゃて。
kp000767
え、なんじゃって?!
kp000769
主らは何故そんな地へ向かおうとしているんじゃ・・・
帰りたい・・・
もう帰りたい(真顔)
kp000771
ほう・・・
ばぁさんが居ない今なら羽を伸ばすチャンス到来とも言える・・・
kp000772
夫婦喧嘩で負った傷もまだ癒えてはいないからの・・・
この傷が癒えるまではもう少しだけ様子を見るとするか・・・
kp000773
この連中、一体何の秘密を暴こうとしているんじゃ・・・
あやしいのぅ(鋭い目つき)
kp000774
こるう渡りとは何じゃ・・・
猿渡りみたいなもんじゃろうか・・・
kp000775
女房?
来てるの?(怯え)
kp000776
(もしや・・・ばぁさんが・・・)
kp000777
組の者・・・
こやつらカタギではないということか・・・

(つづく)

kp000834
皆様お初にお目にかかります、ポン次郎でございます。
こう見えましても、地元の畑を荒らす獣達(カラス)を日々蹴散らしておりましたゆえ、
腕には少々の自信がございます。
私めからしてみれば、皆様方など赤子も同然。
特に年齢では圧倒的な差を付けております。
そろそろかとは思いますが、この差を埋めるのは生きている限り無理でしょうなあ!!
既に1勝0敗。
勝率に換算したら100%。
ミスターパーフェクト、ポン次郎、ポン次郎でございます!
kp0008340
昨年、性転換致しました(照)


ハンター復帰とか書いてる時点で設定がブレブレ(笑)

kp000834
ご機嫌いかがですかな?ポン次郎めにございます。
実はこのブログの主役はけぃぽんなどというヤンキー女ではなく、
このダンデーな佇まいのポン次郎こそが主役だったのでございます。
kp000846
おい
kp000834
失礼致しました。下品な画像をお見せしてしまい、大変申し訳ございません。
前回の続きからどうぞご覧ください。
kp000778
激しい衝撃と共にわしは外へ勢いよく飛び出した!
もしASIMO流歩行術がなかったら、2歩目にはギックリをしていたじゃろう。

 
我が師
kp000779
あ、やばい・・・腰マジでやばい(真顔)
kp000782
あやつ・・・まるでわしを介護老人のように扱いおって・・・!
kp000783
ヘルパー気取りか!!
kp000784
はぁはぁ
kp000787
(笑)
わしもまだまだ青いわぃ・・・(遠い目)
kp000788
はぅあっ!
こやつらの言う、はんたぁとはこうも激務なのか・・・!
kp000790
何という無茶をするんじゃ!!
kp000793
ここが新大陸・・・
kp000792
世界とは美しい・・・
kp000794
「まだですか・・・?」
「まだじゃ!!まだ出とる!!」
空を飛んできたせいか腹が冷えてしまったわい・・・。
しかしやがてはこれも自然に還っていくんじゃな・・・。
「臭いなぁもう・・・」
kp000796
「下がっておれ!!」
「はいはい、おじいちゃんも一緒に下がりましょーねー」
kp000797
「腰の限界じゃ、肩車せい」
「私パートナーっていうより、介護ヘルパーじゃん・・・」
kp000798
「きゃあああああ」
「どうしたああ!?」
kp000799
「わしのヘルパーに何をするーー!」
「あ、やっぱり私ヘルパーなんだ」
kp000800
ゼェハァゼェハァ
「わしを置いていくでない!」
「早くしてくださいねー(棒)」
「くっ・・・最近のヘルパーは仕事の割り切り感が半端ないわぃ・・・」
kp000801
「早く来てくださーい(棒)」
「いやいやいや・・・死ぬじゃろこれ・・・」
「どうぞー(棒)」
kp000802
「ASIMO流・・・ッ!歩k
kp000804
「しまっったあああ」
「グッジョブ!」

kp000803
「グッジョブ!?」
kp000806
「今じゃ!ASIMO流ぅぁぁああ(略)」
kp000808

kp000807
「ふぬぁああああああああ」
kp000809
「ご臨終です」
「生きとるわ!!」
kp000810
「しぶといですねぇ」
「・・・」


なかなかゲームが始まりません(笑)


MHWランキング

kp000811
ばあさんへ。
突然家を出たまま、何の連絡もしなくてすまなんだ。
わしは今、明日寺という場所におる。
kp000813
ひょんなことからハンター稼業に首をつっこむことになった。
先日、あの世にも首を突っ込んだがの(笑)
kp000815
周りの衆も別の意味でヒヤヒヤしておるんじゃろうな。
あやつらめ、少しわしが姿を見せなんだら自然死(老衰)を疑っておったわぃ。
kp000816
明日寺ではヘルパーさんがおるんじゃが、あまり優しくはないのう。
まったく最近の介護ヘルパーときたら血も涙もないわ。
ここ3日ほど飯を食べさせてもらってないんじゃから。
kp000845
(2時間前)
kp000820
明日寺の住職は剃髪もせず生意気な青二才がやっておる。
どちらかというと、わしの方が住職っぽいと思わん?
kp000822
「なぜリフトに×印が・・・」
「はーいおじいちゃんこっちですよー」
kp000823
最近は地球温暖化だからといって、節電なのか何なのか知らんが、
老体には堪える仕打ちを受けることもある・・・。
kp000824
「逆算したらわしは0期団ということになるな(ニヤリ)」
「いや、5期団だろ」
若いのには洒落も通じん。
わしの通じは良いんじゃがな。
ワーッハッハッハ
・・・ここ、バカウケする所じゃぞ?
kp000829
意外にもわしは期待されておる。
kp000831
風の噂で伝わり、もうそちらの村では連日のように祝宴をしているじゃろうな。
村から出た英雄ハンター・ポン次郎と!
1
(ここ30年、静まり返る村)
kp000833
柿右衛門も元気じゃて

先日はとうとうモンスター討伐を依頼されてな。
kp000835
最近老眼が進んだせいか、目的のモンスターがどこにいるのかわからんかったわぃ。
しかし村の猛獣(カラス)を連日蹴散らしていたこのわしじゃ、
ある時、体長20メートルはあろうかという巨大モンスターと出会ったんじゃ。
どうなったかって?フフ・・・
kp000837
20メーター級、見事に討伐してくれたわ!
まわりの若輩ハンター達も
「あんなでかいモンスターは見たことがない」
と度肝を抜かれておった。

今の所一番深手を負った傷は、ばぁさんにやられた引っかき傷じゃな・・・。
まだ治らん・・・。
治りかけにパカッて傷口が開いてしもうて、
この歳になるとなかなか治らん。
kp000838
周りには猛獣にやられた傷だと言っておる。
皆、わしのことは相当のやり手だと思っておるじゃろう。

長くなってしまったの。
わしはこのハンター生活を続け、
その高みに登った暁には・・・
その時こそ夫婦喧嘩での初勝利をわしにもたらしてくれる原動力となるじゃろう。
ばぁさん(モンスター)を倒した時、
わしは真のモンスターハンターとなるじゃろう・・・!

追伸:見に来ないでね?
ポン次郎


MHWランキング

kp000898
楽しんでますかー
kp000894
サボさんと遊びました!
kp000927
そしてうぶサンとも!
kp000896
チャットはこんな風に文字制限があるのです・・・
しかもこのログウィンドウ見にくいです
kp000897
同時に複数のモンスターを倒すクエスト楽しい!
基本はこのキャラで遊んでるんですけどね。
たま~にポン次郎さんで気分転換してます(笑)
kp000201
ポン爺のせいで出番減ったよね・・・

そんなわけでポン次郎さん↓
kp000839
そう、ウチのばあさんも危険じゃからの(真顔)
あ、いまのオフレコでな・・・(怯え)
kp000840
皆とはすっかり溶け込んでいて、遠目から見てもワシだとは気付かんと思う
※頭装備をした時のみ
kp000843
「戻る必要はない。何故なら・・・
わしもじいちゃんだからだ(ドヤ顔)」
「よし、戻るぞ」
「はーい」
「・・・」
kp000844
最近、腰痛の限界を突破すると全身が光ることに気付いたワシ。
頭?それは元からだってじゃかましいわい!
(チラッ
・・・ここ、笑うところじゃぞ?(寂しげな顔)
kp000852
ハンター稼業とは・・・
腰との戦いじゃ!
kp000853
(笑)
kp000854
kp000855
「腰の限界突破じゃぁぁああ」

ポン次郎さん大丈夫かな?
火で炙られたみたいになってるけどw
kp000858
もじ(´pq`*)三(*´pq`)もじ
kp000859
「その頭でじゃないぞ」
「・・・」
「もう上げてるようなものだが(笑)」
「・・・」


自分で書いててポン爺っていうのが可笑しくて1人で笑ってました
記事にはしやすいですよね。こういうネタキャラって・・・w

kp000861
「飯はまだかぁああ」
「いま食べてるでしょ」
kp000876
今晩は、今宵もダンデーなポン次郎にございます。
ヤンキー女がギャーギャー騒いでおりますが、主役はワシなんで。
kp000862
それより見てくだされ。
いやいや・・・それ頭部じゃーん、ちゃんと前見て~?
ぽんちゃんショックじゃわ~。
kp000863
「必殺!わしの毛根返せ斬りぃぃ!!」
kp000864
「わしの毛根知らん?」
「知らん」
kp000865
家出した毛根を求めて荒地までやってきたワシと愉快な仲間達
kp000867
あの不良毛根、いったいどこをほっつき歩いておるんじゃ
kp000869
わかるわかる
ばぁさんの前でよくやっていた姿勢じゃからの
kp000872
ムービー中とプレイ画面で差があまりないポン次郎さん
kp000875
「ばあさん?!」
kp000877
kp000878
「なにが?」
「なにすっとぼけてんの」
kp000879
(笑)
kp000880
kp000882
kp000883
同じシーンを記事にしてるのに全然違くて面白いですw
kp000885
すっかり打ち解ける2人
kp000886
kp000887
「ああそう・・・」
kp000888
「ああそう・・・」
kp000889
「それよりもあなたの毛根の方が心配だと伝えてくれないか」
「なんでだよ」


つづく

↑このページのトップヘ