ずっとFC探しをしていたのですが、意外と多かったのが要VCとか、連れ添い加入はお断りとか、人数が多いFCとか。とりわけ連れ添い禁止というのが最後までネックとなってしまい、まもちゃんと2人で入れる場所がなかなか見つからなくて・・・。

もうウチらが作るしかなくない?wなんて冗談が、いつしか本気になっていきまして、せっかくサーバー移動してきて心機一転しているのだから、積極的に動いてみよー!とまぁそんな流れです
WS031762
この日は7月7日で七夕の日
七夕結成なんてイイネ!とかはしゃいでいたら、署名を持ってこいとな?これだからお役所仕事は・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ
WS031763
「まもちゃん、セカンド連れてきてくださる?」
おっけー
「これでいける!余裕じゃん~♪」
とタカをくくっておりました。。

まもちゃんのメインキャラ→署名
まもちゃんのサブ→署名
けぃぽん→できない

あれ?

署名3名分って私抜きかーーーぃ!!

あーそうか私は設立人だから1名分もう入っていて、残り3人の署名を持ってこいってことかああ!お役所ぉぉぉおおお(ちくしょーー)!!

「まもちゃん0時まであと何分?!」
あと15分w
「七夕設立がぁぁああ!」
ちなみにこのサーバーいま新規作成の制限されてるみたい!
「お役所ぉぉぉぉおおお」
オワタw

「まだだよ・・・」
え?!
「わしが※ナンパすれば・・・!(決意の目)」
まじ?w

※設立のお手伝いをお願いする

私はFCに入ってない人で離席してない人を血走った目で探しました。(どこにいるの!?私の毒牙にかかる冒険者は!!)

「マジいない」(白目)

残り7分~
↑追い打ちをかけてくる人w

ふとエーテから少し離れている場所に立っている人が見えて、私は間髪入れずにTellしました。
WS031764
「突然すいません・・・」恐る恐る
事情を話したら即OKいただけました!イケメンげっと!(ゲットはしていない)

すぐさま申請書を出して無事に七夕設立
無事に作れた報告をしてお礼を申し上げたところ、
「これも何かの縁かと思います。よろしければフレンドになっていただけませんか?」
良い人だ・・・!←ちょっと前までアウラ♂が怖いとか言ってたヤツ

こうしてEさんとフレンドになり、「FCに興味あったらいつでも仰ってくださいね!」と下心丸出しの言葉を放つ私。Eさん「誘っていただいた時にフリーならばいつでも入りますよ」「ほんとですか!?是非来てください!」←早いし図々しい

返事を待っていたらタイミング良くまもちゃんが「Eさん、よろしければFCにこのまま入ってもらっても・・・てか入ってくださると嬉しいな!」ま!あの子ったら図々しいわ!以心伝心やないかい
WS031765
そんなこんなの流れでEさんはFC創設メンバーとなってくれました
WS031766
実を言うと若葉マークでFCに入ってない人も結構いたのです。でもどうしても声を掛けられなくて。そうこうしている内に残り時間が迫ってきてしまい、その時には本当に周辺から人が居なくなってしまった。本気でもうダメかと思った時でした。縁とは不思議なものですね~(´▽`)そのタイミングが訪れないと出会っていなかったわけですからね!